MCS

港区での事業


港区での事業

私たちは、常に浜松町・芝大門地区の特性を生かした「街づくり」を提案してきました。
この街に今何が必要か。この街に住む人々や働く人々にとって、本当に必要なモノとは何か。そして、それはこの街と「調和」したものであるか。
この地域に根ざす会社だからこそ、この街を真に理解した街づくりが出来ると信じて港区での街づくりに取り組んでいきます。


レストラン運営
~カーサ瀬戸内~

温暖な気候と豊かな自然に育まれた、瀬戸内の海・山の幸をふんだんに取り入れた至福のイタリアンを、温もりと寛ぎ、郷愁を感じる空間でご提供します。 季節折々のメニューに合わせたお飲み物も充実、ご希望をソムリエが叶えます。 ハウスコンサートも定期的に開催しており、瀬戸内の四季と情景を食と音楽を通して皆様にお届けします。
都心に居るということを忘れてしまう一時を、存分にお楽下さい。

カーサ瀬戸内のサイトを見る


セレクトマーケット運営
~ポンテせとうみ~

首都圏の空・海の玄関口と都心を結ぶ、浜松町駅すぐ近くに「ポンテせとうみ」はあります。
香川 小豆島を中心とした瀬戸内の豊かな恵みの中から、厳選した新鮮な青果等を取り揃えたセレクトマーケットです。 ビジネス街の中にあって、毎日の暮らしをより豊かに、より美味しく、心穏やかにする様々な品々が並びます。
瀬戸内の奥深い魅力を感じられる空間です。

ポンテせとうみのサイトを見る


レストラン運営
~鉄板焼SETO~

オリーブと瀬戸内海に育まれた、オリーブの搾り果実を与えた讃岐牛「オリーブ牛」。そのオリーブ牛の美味しさをダイレクトに感じられる「鉄板焼」でご提供します。
落ち着いた雰囲気の空間と、美しく磨かれた鉄板の上で焼き上げられる瀬戸内の恵み達。
大切な方、気心の知れたご友人、どんな方をお連れになってもご満足いただけます。

鉄板焼SETOのサイトを見る

小豆島での事業


小豆島について

会社のスローガン「瀬戸内の四季で、まちを彩る」が象徴するように、私達のルーツである香川県小豆島を中心とした事業を展開しています。
瀬戸内海に浮かぶ1000余りの島の中で2番目に大きい島である「小豆島」。
自然豊かで穏やかでありながら、多種多様な産業が発展してきた歴史ある島に農業法人「カローレ小豆島」を設立し、自然の恵みを港区に届けています。
合わせて島北部の「里山創生活動」にも力を入れて取り組んでいます。


農業法人 カローレ小豆島

日本の島々の中で19番目の大きさを誇る「香川 小豆島」。
船でしか渡れない島としては日本最大の人口を有する島です。
北部の高い台地から一気に平坦な南部の海辺に下る地形で、温暖な気候と豊かな自然に育まれた様々な産業が根付いています。
その中でも新鮮で美味しい農作物をそのまま東京の皆様の食卓へ届けるべく、2018年4月に農業法人 株式会社カローレ小豆島を設立しました。
「カローレ」はイタリア語で「温もり」。口にするとどこか郷愁を感じる素朴な食材を、より多くの人々に提供することを目指しています。

社会貢献活動


文化・芸術・スポーツ支援事業

港区や小豆島に限らず未来を担う多くの子供たちに豊かな未来を残すため、心身ともに健やかな成長ができるよう、支援事業に取り組んでいきます。
カーサ瀬戸内では、毎月25日に瀬戸の詩暦「ハウスコンサート」を開催し、若手の音楽家達の活躍の場となっています。
港区保育園への「はるみ蜜柑」の寄贈や港区と小豆島の中学生によるスポーツ交流、港区での各種イベント(みなと区民まつり、MINATOハーフマラソン)への参加を積極的に行っています。